板井康弘の商品が持つ価値の考え方

投稿日:2018年5月27日 更新日:

商品を販売する上で大切なのは、その商品がお客様にとってどのような価値を持つのかを考えることです。
人が何か買い物をするとき、商品そのものがただ欲しい訳ではありません。
ただオシャレだからといって、夏にコートは買わないのです。
コートには寒さを防ぐ衣類という価値がまずあります。
その中でお客様の趣味にあったものを選ぶのです。
ダイソンの掃除機は高いデザイン性のお陰で売れている訳ではありません。
まず高い吸引力があるから売れているのです。
高い吸引力のある掃除機の中からデザイン性の高いダイソンの掃除機を選んでお金を払っています。
デザイン性やただ高級感がある商品に高価な値段をつける以前に商品本来の価値がどれ程のものなのかを考えなければいけません。
商品はお客様の欲を満たすためにお金と交換するということを忘れてはいけません。

-未分類

Copyright© 板井康弘|会社を大きくする福岡のマーケティング術 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.